Shibaのブログ

高校1年生 (愛知県在住) が送る旅日記. 夏休みはどこに行こうかしら? 

「最後のデルタジャンボ?」 午後のセントレアのスカイデッキにて緊急飛行機撮影.

f:id:ana747400dkoki:20170527201810j:plain

 

今回は,4月の最後の日曜の午後に急遽行訪れた「セントレアについてレポートしていきます.

 

この日,セントレアには約2年ぶりデルタ航空B747(愛称:ジャンボ)が飛来し,おそらくこの飛来が今年の冬に引退するデルタ航空B747の名古屋ラスト飛来だと思い急きょセントレアに駆けつけました.

 

この日,同じことを考えていたのかセントレアのデッキにはカメラを構えた猛者がたくさんいました.

 

 

・最後かもしれない747

 

f:id:ana747400dkoki:20170519155736j:plain

 

名鉄一宮から特急で急いで駆けつけ,セントレアにはデルタ航空の出発40分前には到着.

 

現代というものは恐ろしいもので,私が到着した時点でSNSなどで情報を手に入れたのか既に結構な数の飛行機猛者さんたちが,いい値段のするレンズやカメラを747に向けていました.

 

私も猛者さんたちと同じく,場所を確保しレンズを747がいる方向に向けました.

 

すると目の前に鎮座していたキャセイパシフィック航空A330-300が香港に向けて出発.

 

 f:id:ana747400dkoki:20170519211019j:image

 

A330もこうして目の前に来ると結構大きく,なかなか迫力のある機体です.

 

プッシュバック完了後,A330はエンジンを始動させ香港に向けて出発しました〜

 

f:id:ana747400dkoki:20170519211602j:image

 

キャセイパシフィックが離陸した後に来た中国東方航空A320特別塗装機.

 

なんの塗装か分かりませんが,中国系エアラインはとっても派手な特別塗装機が多く,今回出くわした機体も結構派手です.

 

なんとなく自己主張が強そうな中国らしい塗装とも言えるかもしれません.

 

そんな派手なA320何故か派手だと思われている名古屋人の空港であり遊び場でもある,セントレアを離陸して行きました.

 

それからまた何分かして,今回のメインイベントであるデルタ航空の747がプッシュバックを開始しました!

 

f:id:ana747400dkoki:20170519212252j:image

 

これが最後になるかもしれないデルタ航空の747の名古屋出発. 

 

カメラを構えた猛者さんたちも私と同様,シャッターを切り続けます.

 

猛者さんたちも私とおんなじ様に''これが最後かな...''と考えていたかもしれません.

 

そんなシャッター音も揉み消し,セントレアのスカイデッキに面いっぱい大きな音を響かせながらデルタ航空の747はエンジンを始動させました.

 

f:id:ana747400dkoki:20170519213230j:image 

 

私にとって小学生の頃に興味津々で撮影していたセントレアを出発するデルタ航空の747.

 

中学生の頃にセントレアに来なくなったデルタ航空の747が,機種変更の影響で高校生になっても撮影できるなんてこの日までは思っていませんでした.

 

久しぶりに目の前で聞く747の轟音は,昔のまだ飛行機好きになった直前の飛行機に対するワクワク感をまた感じさせてくれました.

 

大きな機体,迫力のあるエンジン音,747を嬉しそうに見る人たち...

 

やはり,私にとって飛行機=747です.

 

f:id:ana747400dkoki:20170519214041j:image

 

エンジンも始動を終えて,747はタキシングを開始しました.

 

この瞬間,セントレアのスカイデッキにいた猛者たちは集中してカメラのシャッターを切っていました.

 

堂々たる747のタキシング.機体もエンジン音も他の飛行機より格段に大きいので,迫力は半端ありません.

 

f:id:ana747400dkoki:20170520014341j:image

 

747のタキシングは他の飛行機と違い,謎のかっこよさがありなんというか,ただただ"カッコイイ"っていう感じです. 

 

タキシングを開始した747は私たち猛者たちにその巨体を披露した後は,滑走路の端に向かったため,猛者たちはいったん休憩...

 

しかし,すぐ後に747は離陸するので猛者たちは滑走路にレンズを向けていました.

 

その後,しばらくして"ゴォ〜"という音が聞こえ...

 

f:id:ana747400dkoki:20170520015235j:image

 

747はデトロイトに向けて離陸して行きました!

 

海をバックにデルタ航空の747を撮影できるのは世界中を見ても数える程の場所しかありません.

 

恐らく自分にとって最後の海をバックにしたデルタ航空747の撮影だと思ったので,この時は緊張しましたが...

 

f:id:ana747400dkoki:20170520015545j:image

 

 なんとか海をバックに747ね離陸姿が撮影できました!

 

これから747はデトロイトに向け,約11時間飛行します.

 

そのため747は滑走路をたくさん使い,勇ましい姿を猛者に披露しながらデトロイトに向けて飛び去って行きました.

 

f:id:ana747400dkoki:20170520015946j:image

 

747が離陸している時にいつの間にかプッシュバックをしていたキャセイパシフィック航空B777-300ER. 

 

各航空会社が747を退役させる原因を作った主人公とも言えるこの機体は,747並みの収容能力を持ちながらもエンジンが747よりも2機少なく,燃費もとってもいいです.

 

そのため長距離国際線を運航するほとんどの航空会社がこの777-300ERを使い始めたため,747は一気に世界中から退役が進んでしまいました.

 

f:id:ana747400dkoki:20170521205925j:image

 

 ファンからすれば747よりもあまり特徴のない777が増えるのは喜ばしくないですが,時代はファンが主役でないので仕方ありません.

 

f:id:ana747400dkoki:20170521210119j:image

 

777が離陸した後に,リゾート地ホノルルからやってきたデルタ航空B767-300ER.

 

この767に搭乗している乗務員さんたちは``やっと終わるーイェ~ィ!``状態ですが,乗客たちは``はぁ,現実が...``この時の機内の状態でしょう.

 

767を見ていて思ったのですが,名古屋~ホノルルは約8時間もかかるというのによく767で運行できるなと思います.

 

767は元々アメリカ大陸横断線用や近・中距離路国際線/国内線ように開発され,飛行時間は長い長距離国際線で運行されることはあったことはあったのですが,それは世界で見ても手で数えられる程.

 

767はだいたいアジア方面の近・中距離国際線に投入されるのですが,ホノルル線は767で日本から運行されている路線ではとっても目的までの距離が長い路線だと思います.

 

 

f:id:ana747400dkoki:20170525184816j:plain

 

767が到着して少し休憩した後に再びスカイデッキにて撮影を再開.時は調度夕方で空は段々と茜色に染まり始めました.

 

国内線スポットが見えるエリアに行くと調度JALB737-800が到着.

 

撮影時,到着時刻とスポット,機体塗装からして札幌に行った時の帰りに搭乗した便なのでは?と思いましたが,結局は分かりませんでした.

 

f:id:ana747400dkoki:20170526002733j:image

 

JALの737-800が到着してからしばらくして姿を現した現したJTAB737-400.

 

この写真から分かる通り,時はちょうど夕方の1番いい時間帯.

 

海は綺麗に輝き,誘導路もいい感じに光が反射しています.そこに近い将来に引退するであろうJTAのクラシック737がやって来て,写真映えのするとてもいい瞬間がやって来ました.

 

この光景はいかにもセントレアという感じで自分でも中々な写真が撮影できて,結構満足できました.

 

なかなかな写真を撮影して喜んだ後は,時間が帰らなければならない時間になりはじめたので急いで名鉄名鉄一宮に帰りました.

 

 

久しぶりのデルタジャンボ

 

f:id:ana747400dkoki:20170526004214j:image

 

デルタ航空B747セントレアに飛来したのは約2.3年ぶりセントレアの定期便に747で運行される便はもうないため,久しぶりにセントレアで旅客型の747を撮影することができました.

 

普段,セントレアで双発機に見慣れているせいか,747の大きさや存在感,747らしい大きなエンジン音などを久々に体感し改めて大型機の魅力を感じました.

 

デルタ航空の747は今年の12月に太平洋路線で退役を迎える予定で,日本で定期的に見れれる空港は1つか2つです.

 

世界的に減少している747(747-8は除く)を撮影できるのも今現在がらラストチャンスかもしれません.

 

ですので今のうちにできるだけ多く747を撮影しておきたいものです.